<   2011年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

情熱の夏祭り

c0169024_22395313.jpg

c0169024_22395357.jpg

c0169024_22395475.jpg

c0169024_22395428.jpg

里帰り中です。
一昨日は、小石原で夏祭りがあり
青年団の頑張りで、盛会のうちに幕を閉じました。

昨夜は、ここ矢部村でも「盆踊り花火大会」が行われ、
こちらも地元の青年団が、頑張っていましたよ。
例年、小石原の夏祭りと同日にあるため、なかなか行けなかったのですが、
今年はこちらの方が雨で延期になり、行くことができました。

お盆で帰省した方々も楽しみにしている祭り、
友人やかつての役場の同僚、地元のおじちゃん、おばちゃん色んな人と会って
会話して、楽しく参加しました。
そしてイベントの目玉、大抽選会で2等賞の赤い自転車が当たりました!
ステージに行くと「元青年団長の…」と紹介してもらって、
ちょっと照れ臭かったです。

それからメインとも言える花火の打ち上げ、
周辺地域では、ちょっと有名な花火で、わりと規模が大きいです。
日向神ダム湖畔にこだまする大音響
山あいに開く大輪の花火。
10数年前のあの情熱がよみがえってきました。
当時、青年団長だった私。
男子に混ざって、と言うより先頭にたって、動き回っていたあの頃。
とにかく、村民の皆さんに喜んで、もらいたい。
その一心で取り組んでいました。
その思いが、今も引き継がれ、こうやって開催されていることに、
自分達がやってきた意義を感じました。

いまは、参加者の一員にすぎませんが、この祭りを見守り、
そして愛すべき小石原、東峰村に情熱を注ぎたいと
気持ちを新たにしました。
リフレッシュに訪れた故郷、
また私にエネルギーを与えてくれました。
[PR]

by atsurumi | 2011-08-16 22:39 | 器の魅力

8月12日。

一昨日は、娘の2歳の誕生日でした。
その、2日前。
夕方、いつものように子供の保育園のお迎えの後、
「道の駅小石原」で買い物をしようと立ち寄ると
向こうの方から、買い物袋を抱えた
ちっちゃい・・・いやいや、カッコイイ人が・・・
森喜窯のケンボーでした。
「これから、なるみさんちに皆で行くけど、こん?」
ということで、またまた梶原邸に集合という運びになりました。
この日は、お客様のIさんから、娘に誕生ケーキをいただいていて
(いつもありがとうございます!)
ケーキも持参して、お邪魔しました。
いつものよーに、自慢の器に自慢の料理を盛って。。。
涼しいテラスで、お洒落にスタートしましたよ。
その後、お部屋に移動して、
「ハッピバースデ~♪」ってやっていただきました。
c0169024_640553.jpg

娘は、みんなに祝福してもらい、
大好きな太田家のあやちゃん(小6)にお風呂に入れてもらって
そして、なるみさんに髪を切ってもらい(?)
御満悦でした。
c0169024_6422816.jpg

私も楽しかった~。道の駅に寄るといい事があるな~(^-^)

誕生日当日は、家族みんなでお祝いをしました。
お兄ちゃんの、たってのリクエストで「焼き肉」になりました。

よく食べ、よく寝て、遊んで
心身共に、すくすくと成長している娘
最近では、自我が芽生え、
なんでも「自分でする」と言ってききません。
魔の2歳に突入です。
これも成長だと受け止めて、しっかり支えて行きたいと思います。

2歳の誕生日、おめでとう!
あなたの成長が
母は、涙が出るほど嬉しい。
窓から見える緑がまぶしい日に。
c0169024_6445573.jpg

[PR]

by atsurumi | 2011-08-14 06:46

次は都会に来たよ。

先週の火曜日、子供を連れて
いざ天神へ、午後3時くらいから出かけました。
焼き物の搬入など、仕事がらみですけどねっ(^^ゞ
夫がコンタクトの受取やらなんやらでいない時間
ショッピングへ・・・
とは行かず、子供二人連れてのショッピングは自信がなく
大丸で娘の浴衣と草履。
目的のものをゲットし、ショッピング終了~
もちろん、私が行きたい売り場はスル―です。
日頃、自然の中を走り回ってる子供達、
おとなしくついて来てはいましたが、限界が訪れるはず。。。
その前に、退散しなくては。
案の条ウズウズして来た様子だったので、
ちょこっと、広場で遊ばせて、さっさと駐車場の車まで戻りました。
c0169024_17533751.jpg


夕食は、今後、お仕事をさせて頂くことになった
もつ鍋の「一藤」さん。
ここでも、おとなしくしといてねーと祈りつつ、
通されたお部屋ははなれの個室。
しっとりしたたたずまいで、落ち着いた空間でしたが
決して家族連れを毛嫌いする雰囲気はなく、
旅館にでも来たような感覚でした。
子供達も静かにはしてませんでしたが、眼下に広がる天神の街並みと
素晴らしい料理に退屈することはありませんでした。
c0169024_18112223.jpg
c0169024_18125392.jpg


こんな感覚が都会の真ん中で味わえて、
一藤さん「感謝」です。
また行きたい。つぎは、大人同士で。
[PR]

by atsurumi | 2011-08-07 18:14

思い出いっぱい。

先週の日曜日、1泊だけ帰省しました。
目的は、地元にある老松天満宮の夏越祭。
子供神輿に参加しました。あ、わたしじゃなく、息子が(^_^;)

最初は息子だけのつもりが、娘も会場に行くと我先にと
ハッピを着せてもらい。申し込んでもいないのに、
お神輿の列に加わっていました。
c0169024_1724669.jpg

当初は息子だけの予定でしたので、
ゆっくり到着を涼しい車の中で待つ予定でしたが
さすがに1歳の娘をほったらかしってわけにいかず
炎天下の中、「わっしょい、わっしょい」練り歩きましたよー(>_<)
暑いし、水は浴びるし・・・
c0169024_1743791.jpg

途中休憩です。二人とも粋な感じ?

ついに到着した。老松天満宮。
ここでは、小学校の頃よく遊んでいました。
ひまわり鬼や缶けり、陣取り・・・懐かしさに浸りながら
「ちびまるこちゃん」なみに面白かった日々を思い出しました。
ホントにマンガが一つ書けるくらい面白ネタが豊富にあります。。。
恥ずかしい出来事が多いので割愛しますが。


この日は、実家で一晩ゆっくり過ごしました。
お庭で、バーベキュウ美味しかった(●^o^●)
c0169024_1723379.jpg

息子の夏休みの思い出の1ページがまた一つ、つづられました。
[PR]

by atsurumi | 2011-08-07 17:36